人生後半勝負おやじの奮闘記

中年おやじのしくじり人生の振り返りを切々と語るブログです。

淡路島釣行・・1

少し前の釣行記になります。


・・・・。


10月某日。


釣行日前夜の23時頃に突然釣りのお誘いがあったんです。


同僚と得意先の方と私を含めて4人での釣行でした。


得意先の方のミニバンにアラフォー、アラフィフが4人。


平均年齢51歳・・。(ミドル脂臭がハンパない・・。


そんなある意味過酷な条件下での釣行でした。


・・・。


まさかの急展開で正直完全なる準備不足でした。


普段ならある程度早い段階で行く事が分かってますから不足している道具などは買い足したり出来ますが、今回は流石に無理です。


ありったけの釣り道具を漁ってみましたが準備不足感は否めません。


一応狙いはアオリイカをメインに太刀魚やサゴシ(サワラの小さいの)にツバス(ハマチの小さいの)辺りを狙ってみようかと言う事でした。


・・・・。


エギング用のラインもジギング用のラインも数年間使い続けているもう死んでいるラインしか巻かれてません。


今年は巻き替えようと思ってましたがこの日はまだ新しいラインを買ってませんでしたからそのままの死んでいるラインで行くしかありません。


リーダーも根がけてラインブレイクするのが信条なフィッシングスタイルの私にとってはかなり不安な量しか残ってません。(それを世間では下手くそと呼ばれてますけど


エギも6個、メタルジグも5個しかありません。


エギやメタルジグを根がけてロストしまくっていくのが信条なフィッシングスタイルの私にとっては全く1日の釣行では足りなさ過ぎる量しかありません。(だからそういう人の事を世間では海の環境破壊野郎と呼ばれてるんですって


しかしそんな乏しい道具事情ではありますが、この時間ではもう近所の釣具屋は閉店してますし遠くの釣具屋に行くとしてもビールを飲んでたのでもう車で行けません。


まあ明日の道中のエサ屋さんか釣具屋さんで少しだけ買い足すしかありません。


少々値は張りますがしょうがないです。


ただライトタックルで小さい根魚や豆アジ等狙いをするのならジグヘッドやワームは大量にストックがありますので最悪の場合私だけライトタックルでこじんまり遊ぶ事にしましょう。


・・・・。


そんなこんなで準備を終えて就寝しようとしたのが1時半。


私の家に迎えに来てくれるのが3時。


起床予定時間が2時。


机上計算で睡眠時間は約30分。


以上の事を私なりに考えた挙句出した結論は『前日徹夜釣行』。


昼前ぐらいで『睡死』(睡魔に襲われ死んだ様に深い眠りにつく様)確定ですね。


と言う様な感じでその日の釣行は始まりました。


続く。