人生後半勝負おやじの奮闘記

中年おやじのしくじり人生の振り返りを切々と語るブログです。

痛恨! ~免許失効 その8~

いよいよアラフィフおやじの約30年ぶりの自動車教習が始まりました。


当時は1段階から4段階に分かれていましたが今は1段階と2段階しか無いようです。


昔はそれぞれの段階ごとに見極めがあり、そこで落とされると補習を受けなければなりませんでしたので余分な教習費がかかりますが今は1段階で所内コースでの教習、2段階で路上教習と言う流れです。


更に方向転換、縦列駐車も2段階の検定で行うので1段階終了時に受ける修了検定に落ちる人等皆無ではないでしょうか?


・・・。


学科を受け進めるにはまず最初に入所説明会時に行われる学科というか説明を受講するのが必須になります。


技能の方はまず最初にカートレナーと呼ばれるゲームセンターのレースゲームの筐体の様な物で行なわれました。


車の運転席をほぼ忠実に再現出来てあり、それで運転準備から運転終了までの手順を繰り返し練習しました。


座席に座る


ドアロックを掛ける (ここでは掛けたつもりで進める


座席位置を合わせる


ミラーを合わせる


シートベルトを掛ける


シフトレバーがパーキングに入っている事を確認


サイドブレーキが掛かっている事を確認


ブレーキを踏んでエンジン始動


アクセルを踏んで画面を見ながら車を走らせる


停車


再度ブレーキを踏む・・


と言う感じで繰り返し繰り返し練習しました。


あ、言い忘れてましたが私はAT限定の免許を取るつもりです。


もうMTに乗る事もなさそうですし超ブランクでMTの教習に手こずりそうでしたしね。


で、教習が終了し非常に円滑に捜査できていると褒められました。


帰り際に次の技能教習の予約を取って会社に戻りました。


次回は実車教習1回目と複数時間の学科を受けに行く予定です。


続く