人生後半勝負おやじの奮闘記

中年おやじのしくじり人生の振り返りを切々と語るブログです。

秋華賞予想・・2

では本題です。


今現在京都は雨が降ったり止んだりって感じです。


水捌けが良いと言われている京都競馬場ですが、果たしてレース時の馬場状態は?


逆に言うと絶対に良じゃないと・・とか、重を苦手とする馬が居るのならうちの馬にもチャンスが・・・的な厩舎サイドのコメントに何時も惑わされてしまっています。


実は今も惑わされています・・。


しかし昨日の時点で決めていた予想をほぼ崩す事無く予想を固めたいと思いました。


・・・・。


まずは有力視されている馬の私の見解。




リスグラシュー


馬も堅実騎手も完璧で問答無用の3連複の軸馬としました。


ただ善戦マンは最後まで善戦マンな気がしています。


勝てはしないが3着までには絶対に来るのでは・・と言う見解です。



アエロリット


脚質と枠はばっちりですかね。


桜花賞からオークスに向かわずNHKマイルへ。


見事勝利後夏に1800メートルのクイーンSを見事に勝利。


距離不安から2400メートルを回避し1600メートルのレースを勝利。


本番の2000メートル戦の前に1800メートルで勝利。


内回りの直線の短い2000メートルなら距離は大丈夫・・なんでしょうか?


少し不安を感じています。


私は横山騎手とは凄く相性が悪く、結構本命視したレースでことごとくシンガリ負けレベルのドカ負けを喰らう事が多々あります。


それも不安なんですよね。



モズカッチャン


オークスでの惜敗から一気に注目度が高まった印象です。


ローズSではデムーロ騎手を起用するも惨敗。


本番での巻き返しは・・?


私はあると思っています。



ミリッサ


来年からの馬に感じます。


ただ押さえはしますけどね。



ディアドラ


馬も怖いですがやっぱりルメール騎手が怖いですね。


勝手に調子のピークは超えてると思っていますが抑えざるを得ない恐怖があります。




ファンディーナ


この馬・・本当に強いんでしょうか?


強いのは強いが、走るか走らないかは本人のみが知るって感じですかね。


ちょっと前のゴールドシップを思い出しました。



リカビトス


こう言う馬は厄介ですね。


格下扱いするとえらい目に合いそうな気もしますし、やっぱりこのメンバーに入ると厳しかったって感じににも成りえますしね。



カワキタエンカ


実は密かに狙ってました。


正直ローズSの好走は要らなかったですね。



ラビットラン


この馬も取り捨てが難しいと思いました。


確かにローズSは低評価の中鮮やかな勝利でした。


前を主張しそうな有力馬が何頭かいますから再び展開が嵌るかも知れません。


怖いですね・・。


・・・・。



で、結局の私の買い目は??



◎ モズカッチャン


○  ラビットラン


△ アエロリット


△ リスグラシュー


△ ファンディーナ


✖  カワキタエンカ


✖ ディアドラ



とします。


・・・・・。


最後に素人が独り言言います。


ミスエルテの朝日杯出走。


ファンディーナの皐月賞出走。


ソウルスターリングの毎日王冠から天皇賞狙い。


オーソドックスな牝馬のローテーションではダメだったんでしょうか?


あの馬がいるからあの馬のローテーションを避けて別路線でGⅠを狙いに・・って所ですか?


距離が・・・と言って回避するのも妥当なのかも知れませんが、私的にはやっぱり3歳のクラシックには全部出走して欲しいですね。


有力馬ならなお更にです。


逆に有力馬だから別に勝てもしないと思う馬に敢えてぶつけなくても他のレースで確実にGⅠを取りたいというのも納得します。


・・・・。


完全な短距離血統や長距離血統なら別なんですが、素人感覚ではどうしても牝馬が牡馬に挑むと言うのはかなりのハードルだと思います。


だから牝馬限定の重賞レースが設けられてのではないでしょうか。


少し古くなりますが、ウオッカのダービー制覇は例外だと思います。


結局牡馬相手のレースや古馬相手のレース等に挑み、そして結果を残せなかった有力馬たちはほぼそのまま一線から消えて行っていると感じます。


エアグルーヴ、ブエナビスタ、ウオッカ、ダイワスカーレット、ジェンティルドンナ辺は私の中では別格の牝馬と思っています。


長年競馬に携わってきたプロがやる事ですから当然見込み有りと踏んでのローテーションなんでしょうから私の様な素人がとやかく言うのは間違っているのは百も承知です。


でもファンとしてはその世代の有力馬が揃うクラシックレースが見たいと思います。


話はこれで終わります。


ではまた18時頃私の言い訳を聞いてやって下さいね。


では。