人生後半勝負おやじの奮闘記

中年おやじのしくじり人生の振り返りを切々と語るブログです。

夫婦で道の駅めぐり・・9

今回は道の駅廻りと言うよりは別の目的があって出掛けて来ました。


その目的とは・・?


毎年10月になると販売が解禁される我が家にとっては1年待ちに待ったある作物の季節なんです。


それは・・?





ちょっと画像があれなんですが、丹波の黒豆の事なんです。


本当は買って帰ってから少しバラしてしまったんで少し少なく写ってますが、本来はもう少し量は多いです。


・・・・。


京都は丹波の国道9号線と27号線が交わる付近辺りを中心に国道沿いの少し開けた路肩的なゾーンに『丹波の黒豆』と高らかに書き記された緑ののぼりを目印として販売されています。


緑ののぼりと運動会のPTA役員が座る席に設けられたテント的な物を目指して走って下さい。


・・・とその前に立ち寄った道の駅を紹介するのを忘れてました。




京都新光悦村です。


ここは京都縦貫道の園部インター出口の道を挟んだ向かいにあります。


規模的には小さいのですが、位置的に自宅から丁度休憩したくなってくる場所にあるのでもう何十回も立ち寄っている道の駅です。


店内にはちょっとしたカフェがありまして、何度も来ている割には全く知らなかったんですがどうやら凄く人気のカフェみたいです。


この日は結構早く訪れたんですが、とろろそばと麦ご飯のセット(完全うる覚え)っぽいセットがすでに完売していました。


また今度食べに来ようと思います。


で、ここでちょっとした食料と飲み物を買って丹波を目指す事30分ほど・・。


待ちに待った黒豆の販売ブースにたどり着きました。


この辺り一帯に数十件ほどの黒豆生産者さんがポツンポツンと店を構えておられまして、正直どのブースで買えば上質な黒豆を買う事が出来るのかを考えた事がありますが、結局どちらで買っても同じです。


何処で買っても期待通りの黒豆に出会えます。


値段は600円~700円とほんの少しだけばらつきはあるようです。


ちなみ私が購入したのは600円でした。


量や重さを測っておけばもっと分かりやす方ですね。


で、帰宅し茎から豆をハサミで切り分けるのが私の仕事です。


ぱっと見た感じちょっと少ないかなと思うのですが、実際に切り分けるとこのぐらいの量になります。





ボールの大きさを伝えたかったのでゲームボーイアドバンスのソフトを一緒に画像に入れておきました。


これで量が伝わりやすいと思います。(笑


ちなみに黒豆にゲームボーイアドバンスソフトは付属しませんのでお気をつけください。


・・・・。


黒豆を茹でる前に袋の両端を少しだけハサミで切ると塩味が染み込みやすく美味しくなりますよ。


・・・・。


黒豆を購入したあとはここからまた少し北に30分ほど走った辺に採れたて卵の直売所があるのでそちらに向かいます。


正直スーパーの玉子との味の違いは私には分かりにくいです。


しかし気分的に美味しく感じるのは事実です。


タイミングが良ければレジ横に茹でたてのゆで卵が販売されています。


この日は初めてゆで卵買えました。


まあ普通に美味しいですよ。


・・・・。


結構な量の黒豆でしたが食べ盛りまっしぐらの息子達にかかればほぼ瞬殺に完食されてしまいました。


また今シーズン中に最低でももう2回は買いに行きます。


みなさんも是非!