人生後半勝負おやじの奮闘記

中年おやじのしくじり人生の振り返りを切々と語るブログです。

凱旋門賞感想

書き始めから書き終わりまで凄く時間を要するため今更ながらの記事になります。


・・・・。


ここ数年前から日本馬による凱旋門賞制覇が日本のホースマンの夢って言う空気感が非常に強くなりましたね。


私が記憶している一番古い結果がエルコンドルパサーの2着になります。


この頃のJRAは外国産馬が出走出来るレースの制限が非常に多かった為、外国産馬の海外レースへの挑戦って言うのは致し方なかったかも知れません。


このエルコンドルパサーなら世界に通用する可能性も高かったと思ってました。


ただ昔からずっと言われて来ています馬場適性の話。


正直競争馬を生産するにあたって、生産者さんはその馬の将来に何を求めているのでしょうか?


何を最大の目標に掲げているのでしょうか?


やっぱりダービーに勝つ事なんでしょうか?


だとしたらどんな配合をするんでしょうか?


・・・・。


全く別次元の話になりますが、私は競馬の競走馬育成ゲームが3度の飯よりも好きといっても過言ではないほど好きなんです。


その話になりますが、やっぱり芝の大きいレースを勝つ事が目標になります。


なので可能ならばクロフネで種付けするよりディープインパクトを付けたいです。


その方が何となく芝の適性が高い馬が産まれると思っているからです。


そんな観点からやっぱり実際の競馬界でも当たり前ですがもっと深い研究を重ねて最強のサラブレッドを生産する事に命をかけておられのでしょう。


日本で走る事を想定するわけですからやっぱり日本の馬場に適性する馬を生産されるのではないでしょうか。


・・・・。


欧州の競馬場の芝は日本の競馬場の芝とは同じ芝でも全く違うと良く言われています。


違うのでしょうが、サトノダイヤモンドがダートのレースに出走するのとさほど変わらないぐらいのハンデがあるのではないかと思ってます。


現に数年前のジャパンカップでも凄い実績を引っさげ出走してきた欧州の実力馬でも日本の固い馬場が合わなかったという理由で惨敗してました。


最近では出走すらしてこなくなりましたもんね。


まあ世界のホースマンにとって日本のジャパンカップ如き・・・と思われているからなのかも知れませんが。


・・・・。


やはり馬場適性と言うのはかなりのウエイトを占めるのではないかと思います。


凱旋門に勝つ為に欧州で活躍してる血統で馬を生産する必要があるのではないでしょうか。


だとしてもその馬は日本では活躍できない可能性もあります。


野球でもサッカーでもそうですが、一流の選手が海外に出ていき結局日本のスポーツ界が盛り上がりに欠けていると感じます。


競馬でもこの凱旋門挑戦の為に一流の馬がその年の秋競馬の参戦がかなり減ってしまいます。


ファンとしては寂しいです。


只でさえ活躍出来る期間が少ない競争馬です。


1レースでも多くその勇姿を見たい。


しかし逆に言うと短い競争馬の人生だからこそ可能性がある限り凱旋門に挑戦させたいと思うのかも知れません。


要するに一競馬ファンとしてはやっぱり日本最強馬と呼ばれる馬があれほどの惨敗を喫する所を見るのは辛いし悲しいです。


勿論あの様な結果になるとは微塵も考えないでの参戦だと思います。


しかし実際に勝てる可能性は何パーセントあると踏んでの参戦なんでしょうか?


オーナーとして、また調教師として自分の管理する馬で凱旋門に勝ちたいと言う気持ちが大きいと言う事と現に日本最強馬を管理出来ていると言う事が運良く重なったからイチかバチかで挑戦してみようと言う事は無いのでしょうか?


今回のサトノダイヤモンドやディープインパクト等は主戦ジョッキーでの参戦なので何とも思いませんが、オルフェーブルは2回とも海外騎手での参戦でしたね。


確かに現地を知り尽くしたジョッキーの方が良いのは分かります。


でもやっぱり主戦ジョッキーで挑戦して欲しいと思います。


結局経緯はどうであれ凱旋門制覇と言う事実と結果があれば目標達成と夢が叶ったとなるんでしょうか?


・・・・。


それともう一つ。


現地と凱旋門のレベルをよく知るルメール騎手はマカヒキやサトノダイヤモンドの凱旋門挑戦を心の中ではどう思ってたんでしょうかね。


勝機を感じてたんでしょうか?


まあクソど素人がここで何をほざいてもウザイだけです。


しかしどんなスポーツでも競馬でも勝算のない挑戦は無意味と思います。


私は別に日本馬の凱旋門制覇を夢見てるファンではありません。


何か競馬が違う方向に進み始めた気がして少し残念に思いますね。