人生後半勝負おやじの奮闘記

中年おやじのしくじり人生の振り返りを切々と語るブログです。

夫婦で道の駅めぐり・・・7

銭司聖天を訪れた日の話です。


道中に『福寿園』と書かれた看板や建物があり、お茶屋さんもあったりします。


で、銭司聖天に向かう道中は綺麗な茶畑も沢山あって川沿いを走るとても穏やかな道になっています。


ただ時折某働く大きな車がマナーの悪い運転で気分を害す事もありますがね・・。


話は戻り、銭司聖天に向かう途中に『和束(わずか)』と言う所が有ります。


そちらではこの辺りで採れたお茶を飲ませてくれる・・すみません名前を忘れましたが、確か『和束茶屋』か『和束カフェ』と言う名のお茶屋兼カフェ的なお店があります。


道中にも標識で案内されてますので迷わず行けると思いますよ。


そちらでは茶葉の販売とお茶やお茶を使ったかき氷やスイーツが食べられるちょっとしたカフェ的な作りになってます。


それとここの駐車場をスタート地としたハイキングコースやレンタルサイクルでの自転車散歩コースなどもある様です。


・・。


店内はさほど広くはありませんが、所狭しと色々なお茶っ葉やお土産が売られていました。


こう見えて(どう見えてる?)お茶好きな我々。


あ~だこ~だと議論を交わしながらお茶を選ぶ訳ですが、本当に色々あってさっぱり決まりません。


色々なメーカーと言いますか生産者さんが居て、それぞれに特上だとか特選的な事が書かれたお茶ある訳ですよ。


とりあえずゆっくりと休憩をしようという事にしてカフェで一休みする事にしました。


ざっくりとメニューはこんな感じでした。


水出しの抹茶(夏季限定)と煎茶と・・・


かき氷 (4種の選べるお茶を使ったシロップ&4種全部掛け)


急須で入れた暖かいお茶・・・


とこんな感じ。(画像は反射が酷く撮影困難な為ありません)


・・・。


何にしようかと考えるまでもなく、私はかき氷が食べたかったんです。


しかし斜め向かいに座っていた60代ぐらいの御夫婦が急須で入れたお茶を飲まれてたんです。


で、それを見て思ったんです。


こういう所に来たらやっぱりお茶を飲まな意味無いやろ・・と。


で私が注文したのがこれ!





夏季限定 冷たい抹茶と煎茶のケーキセット 800円


嫁さんがこちら!





水出し煎茶と抹茶のケーキセット 800円



・・・。



お茶単品ですとどちらも500円だったかな・・?


正直言うとお茶500円か・・・と思いましたが、もういい歳なんでね、本物といいますか良い物を体に入れてみようと思いました。


で、肝心のお味の方はと言いますと?







はっきり言って分かりません。(笑


ケーキは美味しかったですよ。


でもお茶に関しては正直ペットボトルの緑茶とかしか飲んだ事ありませんからね・・。


正直言うとペットボトルのお茶の方が美味しいと感じました。


しかしちびちびと飲み進めていくうちにようやく体が本物を受け入れる様になったのか、段々と美味しく感じる様になっていきました。


上品な苦味と言うかコクと鼻から抜けていく香り等、ど素人のくせに分かったような事書いてますが、本当にそう感じるようになったんです。


もっともっと高級なお茶もあるのでこちらのお茶がそれらと比べるとどうなのかは分かりませんが少なくとも我々レベルの人間にしたら上等な美味しいお茶でしたね。


家からさほど遠くないのでまた来ようと思ってます。


・・・。


お茶を飲み終え本格的にお茶選びです。


とりあえず店員さんに色々と伺うのがかたいと思ったのでそうさせて貰いました。


まあ特上だからと言って必ずしも並よりも美味しい訳ではないらしいです。


同じ生産者さんでも天候等によっても甘味だったり苦味だったりが毎年違い、正直全てのお茶を飲み尽くしたここの店員さんでも明確な味の違いは説明出来ないそうです。


そんな中でも店員さんからしたら絶対に口外してはいけない禁断の質問をぶつけてみたのです。


『どの生産者さんのお茶が一番美味しいですか?』・・・と。


するとう~~~~~んと唸り、大きい声では絶対に言えないんでが・・・と我々の耳元に近寄りこの方かこの方が私は好みです・・とそっと小声で教えてくれました。


それと特上よりも一つ安価なこちらの方が飲みやすかな・・とも教えてくれました。


で、お二方のお茶を手に取りしばし悩んでました。


値段も同じでしたしね・・・。


すると一人のおじさんが店内に入ってきました。


そしていきなり嫁さんに向かって左手に持っている方のお茶を勧めだしたんです。


栽培方法から生産者さんの人間性等を凄く事細かに説明してくれるんです。


何者・・・?



と思ってましたら奥から先ほどの店員さんが出てきてこのおじさんと挨拶を交わし気さくに話し始めたんです。


超常連さんなのかと思ってましたら何と嫁さんが右手に持っているお茶の生産者さんだったんです。


聞くと正直この時期に出荷したお茶は普段よりも味が落ちると言うのです。


それに比べて左手に持っていた生産者さんのお茶はとても出来が良く美味しいとの事でした。


でもこれも縁です。


我々はこの生産者さんの方のお茶を買ってみる事にしました。


最後まで自分じゃない方を勧めておられましたがまあ良いじゃないですか。


こう言う縁もさっきの銭司聖天のご利益かも知れませんしね。


実際私たちからしたら十分に美味しく頂いてます。


茶葉を水に浸す事8時間ほどでお茶が出来上がります。


今ではちょっとした夜の楽しみとしてお茶を飲んでます。


みなさんも一度飲んでみてはいかがでしょうか・・?