人生後半勝負おやじの奮闘記

中年おやじのしくじり人生の振り返りを切々と語るブログです。

2016年 釣り納め IN 舞鶴湾 2

彼らがムキになってメバリングをする中、私は仮眠を早々に辞めみんなから100メートルほどテクテクと移動し、再びメバリングを始めました。


そう言えばこの辺は結構釣りに来るのですがこのポイントで投げた事ありません。


と言うのもこの日陣取ったポイントは車を停められるスペースから凄く近く、足場も良くて平均して釣果も良くて・・ってポイントなのでせっかく入れても今みたいにちょっと離れてしまうとすぐに他の人が入ってくるんです。


4人が入れる訳ですからそこそこ広いので私一人で来た時なんかいくら荷物を大げさに広げて場所取りしてても平然と入られます。


釣り人と釣り人との立ち位置の間隔に法律等ありません。


気にならない人や図々しい人ならかなり接近して来ますもんね。


なのでこのポイントに入れた時は出来る限りこのポイントから離れずに釣りをしてました。


ですが今日は4人居ます。


バカみたいに大荷物の4人が陣取った訳ですから流石に誰も入れません。


・・・。


で、初めて投げてみたこのみんなと陣取ったポイントから100メートルほど歩いてきたこのポイントですが、ある意味激アツでした。


10センチ未満ぐらいのメバルが入れ喰い状態です。


小さいメバルが群れていると言う事は大きいメバルも居ると言う事なのでしょうか?


居たとしても小さいメバルとは違う層に居るのでしょうね。


ただ未熟な私はその小さいメバルが群れている層を掻い潜って大きいメバルが居る層にルアーを落とし込む事が出来ません。(涙


結局昼飯に同僚が誘いに来るまで夢中で豆メバルを釣りまくっていましたね。


・・・。


昼飯は各々が自慢のキャンプグッズを持ち寄っての自炊大会です。


私はコンパクトなBBQコンロを持ってきたので炭火焼肉を楽しみました。


ご飯も炊いてスープも入れてお腹一杯です。


正直この時点でこの日の釣りは私は終わりです。


そそくさと昼飯を済ませ、まだ私が食べているにも関わらずさっきまで私が豆メバルを爆釣していたポイントを譲るように懇願してくる彼らにポイントを譲り私は本格的に昼寝をしました。


ここ最近本当につまらなくなりましたね。


まあわざわざこんな遠くまで釣りに来たのですからガンガン釣りたいのはわかります。


でも釣果にしか拘らず、団体で遊びに来ていると言う部分を蔑ろにし過ぎに思います。


釣れないと面白くなさそうにする。
いち早く良さそうなポイントに走る。
行きたい場所も譲り合わないのでなかなか行き先が決まらない。


今回久し振りに4人で行きましたがやっぱり全く楽しくなかったです。


結局全然釣れないから面白くないと言う理由で14時ぐらいに撤収となりましたしね。


まあこうなった理由は明確なんです。


数年前から彼らは各々エンジン付きのボートで釣るようになりました。


良い日にはハマチやアオリイカやサゴシや尺を超えるアジ等がクーラーにパンパンになるぐらい釣れるそうです。


最低でも青物なら3匹とかアオリイカなら10杯とか釣れるのが当たり前らしいのでこの日みたいに何にも釣れない何て事が耐えられないのです。


妬みにしかなりませんが、奴らは金輪際ボートでのみ釣りをすれば良いと思います。


妬みにしかなりませんが、私は滅多に出会えないであろう大物との出会いを夢見て漁港で頑張ります。


・・・。


2016年12月某日・・・。


今後は一人で釣りに行くと心に決めた年末の出来事でした。


終わり。