人生後半勝負おやじの奮闘記

中年おやじのしくじり人生の振り返りを切々と語るブログです。

初キャンプ3 (続ストレス満載&我慢の限界の向こう側編)

とりあえず4人での初グループキャンプに乾杯し、各々昼飯の準備に入りました。


ここで私の持ち物を軽くだけ紹介します。


キャプテンスタッグのガスバーナー
エスビットポケットストーブ
ノーブランドのクッカー6点セット(アルミ)
メスティン
ちびパン
ノーブランド風防
スノーピークシェラカップ(ステンレス)
ノーブランドBBQコンロ


まあズブの素人初心者がネットで調べてとりあえず揃える物の定番数点を含む安価な調理器具の数々です。


これで作る料理は?


初日昼 お湯を沸かしてカップラーメン&嫁さんお手製おにぎり2個
初日夜 ノーブランドBBQコンロで一人焼肉


2日目朝 メスティン&ポケットストーブで米を炊きちびパンで目玉焼きとウインナー
2日目昼 再びお湯を沸かしてカップ焼きそば


と、これもまたネットを参考に考える初心者の真髄とも言えるメニューを予定していました。


・・・。


初めて野外でお湯を沸かして食べたカップラーメンは凄く美味しく感じました。


本当に機嫌良くカップラーメンを食べている私を横目にせっせと何やら手の込んだ料理を進めるこの日若干調子に乗っている同僚二人。


まあどうせ自慢たらたらと料理説明や味見を強要してくる事は目に見えてますのでもう一人の同僚とカメラを持って花や新緑の写真でも撮りに出掛けました。


こいつとは本当に気が合います。


会社では立場が弱く、上からも下からも突き上げをくらい常に弱っている彼を助けるのが私の役目。


上からの圧力は私が防波堤になって和らげ、下からの突き上げはバイオレンス的圧力で制圧する・・。


若い頃は車の改造なんかも私が知り合いのショップや先輩等の伝手を使って結構な改造の手助けをしました。


一応それらの事を感謝してくれてるみたいなのでこう言った彼が得意な釣りやキャンプ、そしてカメラと言ったジャンルに関しては無償のサポートをくれます。


まあ持ちつ持たれつって感じですかね。


・・・。


時間は流れ、そろそろ晩飯の準備でもとなりまして、私はワクワクしながらノーブランドのBBQコンロを組み立ててました。


人気ブランドのそこそこ高いコンロとの比較は出来ませんが、2000円ほどでこのクオリティーなら十分過ぎると感じましたね。


一応は張り込んで買ってきたカルビを美味しく頂き、チキンやウインナーと完全メタボ飯となりましたが本当に楽しく食べましたね。


ただそれも外野からの言動を完全シャットアウト出来てたらの話ですが・・。


・・・。


お腹一杯晩飯を食べ、その後は焚き火を囲んで談笑してました。


キャンプ談義、釣り談義・・と進み結局は会社の愚痴へ・・。


ふと時計を見ると23時30分頃。


会社の愚痴はキャンプを楽しくないものにしてますし、そもそもこの日は朝からこの瞬間までイライラする事が非常に多くて正直疲れましたし少し早いですが私だけ先に寝る事にしました。


初めてテントで一夜を過ごす訳ですが、やはり想像した通り外の状況が気になって気になってなかなか眠れませんでしたね。


外にいる時よりも外の音が気になります。


しかしテントには窓がないので外の様子を伺う事が出来ません。


結局は羊の数を数えながら必死で眠りました。


そして気が付けば朝でした。


最後に時計を見たのが4時過ぎ、そして起きたのが6時30分頃。


ほとんど寝てませんね。


で少し早いですが朝食の準備をしながら顔を洗ったり寝袋をたたんだりしました。


炊いたお米は少し焦げてしまいましたがそれはそれで美味しかったです。


その後に洗い物も含め帰り支度を進めてました。


で、3人が起きてきたのが10時前ぐらいだったかな?


結局2日酔い気味で気分が優れず食欲もないと言う事で朝食も昼食も食べずにこのまま撤収する事となりました。


・・・。


帰りは連なって帰る事もなく各自で帰りました。


そして帰宅。


私の表情から察し、初キャンプの感想も聞かず日常を過ごす家族達。


2度と4人でキャンプに行く事はないでしょう。


では次回はドロドロとした私の妬みと苦悩を書いてみます。


続く