人生後半勝負おやじの奮闘記

中年おやじのしくじり人生の振り返りを切々と語るブログです。

初キャンプ1 (ワクワク反面ドキドキ編)

私には会社に入社以来何だかんだ言いながらも四半世紀ほど付き合っている同期の男が3人居ます。


若い頃は酒にギャンブルに、そして現在は釣りに行ったり酒を飲んだり・・。


ここ最近は仕事が多忙につき釣りにも行けず酒三昧の日々を過ごしています。


そんな中今年の夏前に同僚達に新たな趣味であるキャンプに誘われました。


3人は時期は違えどキャンプ歴は3年以上の脱初心者レベルのキャンパー。


普段はソロでのキャンプみたいなんですが、年に2~3回は3人でキャンプするそうです。


昨年ぐらいから一応は私も誘われたりしてたんですが、どうもビニールハウス(テント)の中で寝る事や暑くても寒くてもエアコンのある空間に逃げ込めない不自由さなどでずっと敬遠していました。


ですが50歳を目の前にして新たな趣味でもと思い、この度初めてキャンプって奴に行って来たのです。


・・・・。


唸るほど貯金がある3人に対してすずめの涙ほどの小遣いで細々と暮らしているくたびれた私・・。


また新たな趣味であるキャンプをする為に色々と揃える為の資金が全く足りません。


テント・・・3~6万円
タープ・・・2~3万円
寝袋(2シーズンから3シーズン分、計2~3枚)・・・各1~3万円
シート類諸々・・・3~7千円
椅子(2脚ほど)・・1~3万円
テーブル(2~3個)・・・1~3万円
クッカー(数パターン計20~30個)・・・計5万円
ガスバーナー、アルコールストーブ等・・・計3万円
ランタン(ピン~キリ)・・・数千円~3万円
クーラーボックス・・・2~5万円
焚き火台、コンロ等・・・数千円~2万円
ナイフ、マグカップ等キッチン用具や食器類(十数点)・・5万円
ペグ、ハンマー、ランタンポール等・・・3万円


上記が彼らが所持しているキャンプ用品の大よその価格です。


その他私が知らなくて気が付かない道具なども多々ありますし、テントやタープも行く場所や季節、そしてその日の気分や天候等で色々と使い分けられるようにそれぞれ3~5種類程所持しています。


彼らと同等レベルのキャンプ用品を揃えようとネットで調べた結果、軽く20万円を超えてしまいました。


それもテントやタープ、寝袋やクッカー類等、全て1種類ずつでの合計です。


当然それらを全て揃えるのは完全に不可能な話。


で、とりあえず最低限キャンプをするのに必要不可欠なものだけをピックアップしてみました。


テント、寝袋、マット、椅子、テーブル、バーナー、クッカー類。


輪になってテントを設営してくれるので灯り系はみんなのランタンの灯りを頂き、焚き火は同僚の焚き火台で行い、日中日差しが厳しければ同僚のタープの下に避難する。


とりあえず個人的に寝れて、座れて、調理して食べられさえすれば後はみんなでフォローするからと言う感じだったので下記の物をアマゾンで購入してみました。


テント・・・1万円ちょっと
寝袋・・・5千円ほど
マット類・・5千円ほど
椅子・・・1万円ほど
テーブル・・・5千円ほど
バーナー類・・・5千円ほど
クッカー類・・・7千円ほど


単品単品を見れば比較的安価な物ばかりですがそれが全てあわされると私的には結構な出費になります。


正直1番の趣味である釣りのロッドとリールでさえここまでの出費は考えられない程の出費を楽しいのか楽しくないのか全く分からない初めて誘いに乗って行ってみるだけのキャンプと言う遊びの為に費やす事にかなりの抵抗がありましたね。


でもこれが私にとって新たな人生の扉が開くかもわかりません。


爆ハマりするかも知れません。


そんな事も考えながらこれらの物を全て購入し、初めてのキャンプに行ってきました。


続く