人生後半勝負おやじの奮闘記

中年おやじのしくじり人生の振り返りを切々と語るブログです。

エリザベス女王杯2016予想

記事の連載中ですが少し一休みして競馬予想でも。


私の予想と被る買い目があればそれを外すと的中率が上がると言うある意味貴重な競馬予想記事だと言える嬉しくも儚い競馬予想を今日も書きなぐって行きたいと思います。


マリアライト
ミッキークイーン
クイーンズリング
タッチングスピーチ
パールコード


まあこの辺りが人気になっています。


では人気どころについて書いてみます。




マリアライト


昨年のこのレースの勝ち馬。
事実上昨年の牝馬最強と言う事になります。


その牝馬が今年は強豪牡馬をねじ伏せ宝塚記念を制覇。


当然実績的には現役馬の中でも上位に位置づけられます。
その馬が今年も牝馬限定のレースに挑む訳です。
未対戦の3歳牝馬の中からもクラシック勝ち馬の出走もありません。
となると相手はミッキークイーンだけ・・かな?


なので普通ならこの馬を1着か2着に固定する予想が普通でしょう。


ただ今回のレースに向けての調教が不安視される記事も多く目にします。


要するに私の様な頭の中で勝手に波乱を起こしてしまう予想をしてしまう傾向にある予想屋による願望記事だと判断する事も出来ます。


果たして・・。


・・・。


ミッキークイーン


この馬の実績も抜きに出たものがあります。
昨年のクラシック2冠。
今年の春には適正距離ではないと囁かれていたヴィクトリアマイルでも2着確保。


牝馬の中では最上位クラスの実力馬ではないでしょうか?


上でも書きましたがマリアライトとの力関係だけで、この馬を1着2着に固定する予想も大いにありではないでしょうか?


ただヴィクトリアマイルからのぶっつけと言うのが少々気になります。
過去の休み明けは崩れはしないものの1着は1度もありません。
休み明けに勝ちきれないこの馬がぶっつけでGⅠレース。
秋初戦に予定していたレースも軽い怪我で回避したようですし。


果たして・・。


・・・・。


クイーンズリング


3歳の時好きでしたね・・。(私情


前走快勝でメキメキ人気を上げてきています。
ローテーション、距離適正が不安視されています。


しかしビッグレースに強いデムーロ騎手。


果たして・・。


・・・。


タッピングスピーチ


この馬も実力馬である事は間違いありません。


しかも今回はムーア騎手が騎乗します。
それが理由なんでしょうか、正直人気し過ぎな気もしなくもありません。


まあ凄腕外国人騎手って凄く信頼されますもんね。


スノーフェアリー、モーリス、更には今年の凱旋門賞制覇。


そりゃあ単純に飛びつくのもうなずけますけど・・。


この馬も休み明けでしたっけ?


果たして・・。


・・・・。


パールコード


主な実績は今年の秋華賞2着馬と言う事。
実績的には上記の馬達には劣ります。


しかし何故結構な人気になるのか?
それは単純な話で、ここ数年必ず3歳馬が馬券に絡んでいる事と8枠の成績が良いと言う事でしょうかね?


強い馬だとは思います。
でもデータとかサインみたいなものに引っ張られ過ぎ感も否定出来ません。


果たして・・・。


・・・・。


と、ここまで私レベルの競馬好きレベルなら誰もが知ったかぶりして語る内容です。


まあ要するにデータはデータ、競馬記事は競馬記事として参考にすれば良いのです。


これまでの競馬人生を振り返ると、薄っぺらい持論が全て裏目に出てきました。


騎手の信頼性
休み明けが嫌い
乗り代わりが嫌い
臨戦過程のデータに影響されすぎ
穴人気している馬に惑わされすぎ
天候や枠順に振り回されすぎ


等です。


あの騎手では3着以内に持ってこれるわけ無い・・とか、
1回は叩かないと・・とか、
手が変わるとな・・・とか、
前走がこのレースから参戦した馬の勝率連対率が悪いから・・とか
外枠不利、重馬場が苦手とかこなせる・・とか


に惑わされすぎてきました。


ですので前回の天皇賞からそれらの薄っぺらい拘りを全て捨てて予想したつもりだったんです。


しかし最後の最後で休み明けのリアルスティールを切ってしまいあの様です。


だから今回は素直に買おうと思う馬を素直に買います。


・・・。


では私の買い目を。



3連単


マリアライト、クイーンズリング、シュンドルボン、アスカビレン、パールコード


以上のボックス。


3連複


ミッキークイーン、マリアライトの2頭から


クイーンズリング、シュンドルボン、アスカビレン、パールコード


を流します。


・・・。


また16時頃言い訳しに出てきますね。


では!