人生後半勝負おやじの奮闘記

中年おやじのしくじり人生の振り返りを切々と語るブログです。

青物祭り イン 舞鶴湾? (その1)

10月某日。


同僚4人勢ぞろいで舞鶴湾に行ってまいりました。


この日は不定期で催される釣り大会が厳かに執り行われたのです。


ルールは簡単。


テーマを決めてそのテーマに沿ったターゲットを一番多く釣った者が優勝です。


今年の初めには和歌山でのアオリイカ大会。


全員0杯で引き分け。


春頃の和歌山でのリベンジ春イカ大会。


全員0杯で引き分け。


秋頃の舞鶴秋の新子アオリイカ大会。


私、教習所通いの為不参加。


で、今回は?


『20センチ以上の魚縛り大会! ~魚種無用の向こう側~ 2016秋 』


が行なわれました。


とりあえず20センチ以上の魚なら何でも良いのです。


ハマチでもマグロでもエソでも同じ1匹とカウントします。


優勝者には釣り終わりでそこそこ豪華な夜ご飯が敗者3人から奢って貰えるというものと副賞で3000円相当のジグやエギ等好きなものを選んで敗者3人から気分で選んで買いに行かせる命令が出来る券(有効期限1ヶ月)がもれなく貰えるというものです。


この大会の焦点は2つ。


純粋に青物やアオリイカ等を狙い釣りを楽しみ、結果釣れたし勝ったし or 釣れなかったし負けたし・・と言う1日を過ごす。


か?


勝つ為だけにエソのみを集中的に狙う。エソなら簡単に釣れると言う訳ではありませんが、青物やアオリイカを狙うよりは楽ですよね。


ただエソばかり狙う1日って楽しいでしょうか?


正直豪華な晩御飯を奢ってもらったり副賞を貰って嬉しいのは私だけなんです。


他の3人は唸るほどお金持ってますからね。


他の3人はもしエソが釣れたとしてもバレなければこっそりと誰にも申請せずリリースしてますね。


そのエソが勝利の決め手になるのが嫌だそうなので。


しかしそんな事ばかりやってるから全員坊主で引き分けにばかりなるのです。


そんな訳でとりあえず今回はエソであろうがシロナガスクジラであろうが釣れたならしっかりとカウントし、引き分けと言う一番面白くない結果にならない様に誓い合い釣りを開始しました。


で、開始早々私がエソをゲット!


嬉しくありませんが久しぶりの優勝に向けて最先は良いです。


ただ嬉しくはありませんがね・・・。


そこから小1時間、全員全くアタリ無し。


このまま逃げ切る事が出来るのか!?(笑


続く