人生後半勝負おやじの奮闘記

中年おやじのしくじり人生の振り返りを切々と語るブログです。

2018年 釣り始め

3月某日。


少々出遅れてはしまいましたが2018年の釣り始めに行って来ました。


もう前回が何時だったのか思い出せないぐらい久しぶりの釣りになりますね。


正直この季節は漁港からの釣りでは狙える魚が非常に少なく思います。


しかし本当に久しぶりに釣りに行ける時間が出来たので釣果は望まずとりあえず出掛けて来ました。


行先は勿論舞鶴です。


ようやく大雪も落ち着きましたし・・と言うよりここしか知りませんしって事で何時もの舞鶴に行って来ました。


出発は7時。


眠い目をこすりながら車を走らせ到着したのは10時頃。


久しぶりの海に若干テンションが上がります。


私が来た場所は左側に海を眺めながら続く道路を走りながら広めの路肩があればそこに車を停めてそこで釣りをする。


そこが駄目だと思えばまた車を走らせ車を停められる所があればそこに車を停めて釣りをする。


またそこが駄目なら・・・と言う感じでそこそこの距離をそんな感じでポイントを探しながら走ると言う様な感じの場所になります。


そこに来る釣り人のターゲットは違えどハイシーズン時にはほぼ交通の妨げにならない様な場所はほとんど釣り人の車で埋め尽くされる事も珍しくない場所なんですよ。


流石にこの時期はハイシーズンでは無いので時間的に好みのポイントには入れないにせよ何処かには入れるだろうと思いながらその海沿いの道を走ってました。


そしてポイントを探しつつ車を走らせながらこう思ってました。


『ここってしばらく来ない間に水抜かれたんかな・・?』


・・と。


意味分かりますかね・・?


私昔バス釣りもやってました。


バス釣りと言えば湖やダム湖をボートに乗って釣りするスタイルと川や野池等で岸から釣りするスタイルと大きく分けるとこの2パターンがあると思います。


私は後者でして、何時も某所の隠れ家的な野池に足しげく通ってました。


その野池は安定してバスが釣れたんです。


とりあえず朝一はこの野池に行って場を荒らさない程度に1匹だけバスを釣ってから何時行ってもほとんど釣れない野池に移動してそこで1匹釣れるまで頑張る。


しばらく頑張って釣れなかったら安定の野池ほどではありませんが1時間ぐらい頑張れば何とか1匹は釣れると言う池に移動しそこで頑張る。


頑張って1匹釣れたら最後に気分良く帰りたい為にまた朝一行った安定の野池に行って再び場を荒らさない程度に1匹だけ釣ってその日は納竿する。


そんな感じでバス釣りを楽しんでました。


本当に必ず釣れるんです。


しかしある日を境に安定の池が全く釣れなくなったんですよ。


釣れないから当たり前なんですがアタリすら全く無い状態でした。


釣れないからそうさせるのかも分かりませんが素人目にも去年までの水の色と違う気がするんです。


そこでこう思ったんです。


『この池、水抜かれたかも知れんな・・・。』・・と。


当然農業用水を溜めてあるであろう山間部の野池と海は違うのは分かってます。


海の水を抜くなんて出来る分けないですからね。


でもあれだけ賑わっていたこのポイントにほとんど釣り人が来ていないと言うのは少し戸惑います。


早い話何処のポイントにも入れるんですよ。


そうなると逆に何処に入ろうかと言う悩みも生じます。


で、とりあえず一番入りたかったポイントに楽々入って準備をしました。


その準備中も私の後ろを走って行く車は一台も居ません。


準備を終え左右を見渡しても釣り人の姿は見えません。


天気も良いのにこれだけ釣り人が居ないと言う事は・・・まあそう言う事なんでしょう。


釣果よりもそこに行くまでの準備が大事でその準備が1番楽しいと言うのが私の信条でしたが流石にその信条は緩んでました。


だって全く釣れる気しませんからね・・・。


前日久しぶりに釣具屋に行って色々と買い足しました。



メジャークラフト ルアー メタルジグ ジグパラ マイクロ 3g #19 オールグロー
メジャークラフト ルアー メタルジグ ジグパラ マイクロ 3g #19 オールグロー
メジャークラフト
2014-09-29
スポーツ&アウトドア



メジャークラフト ルアー JP ジグパラ ブレード 7g #07 ゼブラグロー
メジャークラフト ルアー JP ジグパラ ブレード 7g #07 ゼブラグロー
メジャークラフト
2016-09-28
スポーツ&アウトドア


メジャークラフトは良いですよね。


私の様な懐の寂しいお父さんアングラーには本当に助かります。


そんなジグパラブレード 3グラムを結んで一応はワクワクしながらキャストしました。


プルプルプルプル・・と心地よく手元に振動が伝わってくるのを楽しみながらルアーを回収し再びキャストします。


そんなプルプルを感じながら数十投・・・・。


とりあえず腰を下ろして朝食です。


ここまで超ノーバイト地獄・・・。


パンを頬張りながら海面を優雅に泳いでいるクラゲを眺めていました。


そして初心を思い出します。


釣果は二の次、この状況と雰囲気を楽しむのが一番だと・・。


今度はジグヘッドにマイクロワームを付けてキャストしました。


そこそこ風が強くラインが風に流されてラインメンディングに苦労します。


風の影響
軽量ジグヘッドの沈下スピードの判断が分からない
ラインの巻き癖が酷い
人が居ないと言う事に対してここでは魚が釣れないのではと言う言い訳
それらを全て含む素人ならではの心の折れ


等が頭をよぎり、思い出した筈の初心をすぐに忘れてしまいましたね。


結局2時間もしないうちに移動を決意しました。


そこから車を走らせ某漁港へと移動。


そこでも驚愕の光景が待っていました。


何と車が1台、釣り人が2人しか居ないと言う状況だったんです。


ここら辺りの漁港は何処も結構人気がありまして何時来てもそこそこ賑わっている所しか見た事ありません。


なのにこの日は2人しか釣り人が居ないのです。


漁港の入り口手前で車を停めてしばし悩みましたね。


入口に入ってしまいますと駐車料金の1000円を支払わないといけません。


さっきのポイント同様にここでも釣果が望めないから人が来ないんだと思います。


だとしたら駐車料金1000円を支払ったにも拘らず小一時間ほどで立ち去る事になれば少々勿体ないなと考えました。


この間駐車場入り口の料金を徴収するおじさんと静かな睨み合いが繰り広げられています。


結局この漁港での釣りは止めておき次のポイントを目指して走る事にしました。


とは言えもう何処に行っても状況は変わらない気がします。


と言う事で自宅から3時間ほど車を走らせ遥々と訪れた久しぶりの釣りでしたが到着から3時間もしないうちに納竿としました。


そしてここから舞鶴での『ぼっちでぶらりフォト散歩』へと移行する事にしました。


こちらの方は凄く充実しましたね。


その模様はまた後日にでも。



終わり