人生後半勝負おやじの奮闘記

中年おやじのしくじり人生の振り返りを切々と語るブログです。

突然の訃報・・残された遺族は (5)

私が嫁さんと知り合ったのは約30年ほど前になります。


嫁さんは19歳、妹は17歳でした。


姉妹の母親とは私が知り合う数年前に死別されたので当時は3人で暮らしてたそうです。


妹が高校を卒業して就職するのを待って私達は結婚しました。


その後妹が成人する頃一人暮らしを始めましたので今から20年以上はお義父さんは一人で生活していたんです。


・・・・。


私たちが結婚してから正月に実家へご挨拶に・・・と言う行事は一切無く、お義父さんは休みが来たらフラリと一人旅に出かけますので実は1回も結婚してから嫁さんの実家に行く事はありませんでした。


嫁さん達もここ10年近くは実家には帰ってなかったそうです。


で、お義父さんが亡くなられて警察と一緒に実家に帰って驚愕したそうです。


このお義父さんの死去で私も結婚の挨拶から約30年振りに嫁さんの実家に入ったんですが、はっきり言って言葉を失いましたね。


相当散らかってました。


身内の事なのでこれ以上は書けませんが、まあこれを片付けるのはそれなりの覚悟が必要でした。


・・・・。


とは言えとりあえずこの部屋をどうにかしないといけません。


しかし何度か仕事終わりで家を訪れる度に絶望しか込み上げてきません。


一人では仏壇など動かす事など出来ません。


少しでも軽くしたので仏壇の中身を下ろしてみようかと思うのですが、果たして何も知らない素人が仏壇の中を触ってもよいのだろうか?


やっぱり触るのは止めようと中身はそのままで引きずってでも動かしてみようかとも思ったのですが、その時もし中身が倒れたり落下したりして位牌等が破損したら大変な事になります。


と言うよりもその仏壇を動かす前に仏壇の周りの荷物を移動させる事も不可能です。


ですので仏壇に触れる事は諦めました。


次にフランス人形や日本人形、そして押し入れの奥にしまってあると聞いた豪華な7段飾りの雛人形の処理を考えました。(その他小さな人形から大量のぬいぐるみも含む)


ゴミとして処分するにはかなり抵抗がありました。


人形には魂が宿ると言われていますからね。


こう言う言い方はダメなんでしょうが、正直それらの人形に触るのにも抵抗がありましたし、何となく全ての人形を私が家から運び出したしてもいったんその人形たちをどこに保管すればよいのかわかりませんでした。


壊さないように大事に運ぼうと思えば軽トラックの荷台の半分以上のスペースが必要になりそうです。


そんな大荷物を愛車の軽自動車では例え自宅に保管出来たとしても一体何往復すれば運び終わるのでしょう・・。


そう考えると人形類の処分に関して考える事を放棄したくなります。


そんな感じで家を訪れるものの結局色々と頭の中で考えた挙句その場で決断出来ず何も進展する事無く帰宅する日々が数日続きました。


とりあえず人形類は人形類を供養してくれる業者にお願いしようとネットで探しました。


人形供養は安い所でダンボール箱1個で3000円~と言う所が数箇所ありましたが、自宅からは相当遠い所なので行くのも困難でした。


当然郵送も可能なんですが、値段は跳ね上がります。


先ほども触れましたが、相当な量の人形類があります。


あの量を段ボール箱に詰めようと思えば一体何箱必要になるのでしょう・・。


雛人形を別にしても大体一般的なサイズの段ボール箱なら10箱近く必要になると思います。


愛車は軽自動車ですから、人形を詰めたダンボール箱も1回では絶対に積みきれません。


1箱3000円からなので10箱で3万円に加えて雛人形もありますので下手したら6~7万円ははかかってしまいそうです。


持ち込みでその価格なんで郵送となると・・・。


その持ち込みも遠方のお寺や業者さんまでは1度では運びきれません。


結局は人形類問題も一旦保留となりました。


・・・・。


で、唯一私でも出来る事として、紙屑等をとりあえずゴミ袋に詰め込んで行くと言う作業に取り掛かってみたんです。


その週の土曜日、防塵マスクと防塵眼鏡と軍手1袋と90リットルのゴミ袋をホームセンターで購入していざ作業開始です。


そして開始から4時間ほど経った時には既に私の心はボロボロに砕け散っていました。


この時点でゴミ袋は10袋がパンパン状態だったんですが、この時点で玄関すら全く片付いてはいません。


ざっと家中を見渡し、私的には結構ヘトヘトになるほど頑張ったつもりのこの段階でこの進行状況な訳です。


私が頑張れる範囲のゴミ等が全て除去するには一体どれだけの時間とゴミ袋が必要になるのかを考えさせられ、しばし立ちすくんでしまいましたね。


そしてその日帰宅してからプロの業者さんにお願いする事に決定しました。


いわゆる特殊清掃を専門に行って頂ける業者さんです。



と言うのも平日は私が出勤で車を使いますから姉妹は実家まで電車とバスを乗り継いで行かないといけませんから流石に毎日毎日は通うのがきついです。


ですから土日に3人で車に乗って行ったとしても年内での片付け完了は残り日数的には絶望的・・・。


3人で相談してプロの業者さんにお願いする事を決めざるを得なかったですよ。


で、数ある業者さんの中から業者さんを決め、そして早急に見積もりに来て貰わないといけません。


ネットで調べた結果、何となく良いレビューが多めの業者さんに決めも積もりに来て貰いました。


ネット上での見積もり例では2トントラック1台で荷物の高さは50センチぐらい・・?で、2名の作業員で作業して4万円ほどと言う内容でした。


まあこの時点でこの見積もり内では収まらないのは分かり切っています。


で、見積もり当日は私は仕事ですから立ち会えませんでしたから見積金額が出た時点で会社に連絡を入れて貰うと言う事で出勤しました。


そしてその日の昼休み、嫁さんから電話が入りました。


続く。